援デリの利用は危険?

「援デリ」の多くは、会社組織でも大きな組織でもなく、数人のグループです。個人で援交をすると効率が悪かったり、危険な目に合うことが多いため、数人でグループを作り、役割分担をしているものです。

それだけを聞けば、個人的な援助交際と大きな違いはないと感じるかもしれません。自分で掲示板に書き込んで自分で来るのか、書き込む人と実際に来る人が違うだけと思うかもしれません。

しかし、援デリの利用というのは大きな危険性があるのです。

援デリの一番の問題は18歳未満が多いこと

援デリ業者の一番の問題、それは業者から派遣されてくる女の子が「18歳未満」であることが多いということです。18歳未満の女の子は通常、出会い系サイトに登録できません。他人の免許証を使うなどしない限り、登録できないのです。そのために援デリ業者では、18歳未満の女子高生などの代わりに出会い系サイトに登録をし、さらに掲示板に書き込みまでして客を見つけてあげるわけです。

個人的な援交ができない女の子の手伝いを業者がしているわけです。もちろん、18歳未満の女の子との援助交際は犯罪ですし、「児童買春罪」というかなりの重罪になります。出会い系サイトを使う際、個人的な援交であれば相手の年齢などを確認しなくてもそれほど危険性はないのですが、相手が援デリから派遣された女の子の場合はそうとも言えません。必ず会ったときに、女の子に年齢を確認するようにしてください。

援デリを利用するその他の注意点

援デリであれ、個人的な援交であれ、基本的にすることは一緒です。援デリから派遣される女の子はもはや素人とは言えず、ほとんどプロを相手にするのと変わりませんが、個人的な援交であっても、援交慣れしている女の子であればそれは同じでしょう。

ただ、やはり個人的な援交と違う点がいくつかあります。

まず、プロフィールはもちろん、写真が加工されている可能性が高いこと。個人で出会い系に登録する女性でももちろんありますが、業者であればそれに輪をかけて綺麗な写真を使います。キャバクラの写真がすごくきれいなのと一緒です。

また、ビジネスライクなことが多いこともあげられます。これも当たりはずれがあり、個人援交でもとってもビジネスライクな女の子もいればそうでない子もいます。もちろん、援デリの女の子でもそうなのですが、傾向として、ビジネスライクな女の子が多いのは援デリの女の子です。実際、単なるビジネスとして業者から派遣されてくるわけなので、当たり前なのですが。とにかく、会ったらすぐにホテルに行って、ことを済ませるしかありません。一緒に食事をしたりということはまずないと思ってください。

また、個人的な援交よりも、業者のほうが警察の御厄介になる可能性は高いです。その場合、関係を持った男性も聴取の対象になることもあります。

また、業者だからといって相場が高いということはありませんが、基本、交渉の余地はありません。個人援交であれば交渉して値段を下げたりといったこともできますが、相手が業者の場合はそれはできません。