援交の違法性は18歳という年齢がポイント

援交が犯罪かどうか、そしてどれだけの罪になるかは18歳という年齢がポイントになってきます。

まず、18歳以上を相手に援交(対価を支払っての性行為)をした場合は、処罰をされることはありません。法律上、処罰規定がないためです。

一方、相手が18歳未満の場合は、援交であれば児童買春罪、援交でない(お金を払っていない)性行為であっても青少年保護育成条例違反となります。

お金のやり取りがない場合

お金のやり取りがない場合、つまり、単純にエッチをする場合(もちろん同意の上)は、相手の年齢が18歳以上であれば、何の問題もありません。

相手の年齢が18歳未満の場合は、お金のやり取りがなくても、青少年保護育成条例違反となります。青少年保護育成条例では、青少年に対する淫行や性行為を教えること、見せることを禁止していて、罰則もあります。

量刑は都道府県によって多少異なりますが、懲役2年、罰金100万円というところが多くなっています。なお、18歳未満と知らず、知らないことに対して過失がない場合は罰せられない自治体が多いですが、東京都や奈良県などでは罰せられます。18歳未満と知らなかったでは済まないのです。

そして、相手の年齢が13歳未満の場合は、強姦罪が適用されます。これは、同意があっても、結婚する意志があっても、美人局であっても、13歳未満だとは知らなくても、強姦罪です。3年以上の有期懲役になりますので、絶対に13歳未満には手を出さないように。

お金のやり取りがある場合

お金のやり取りがある場合(つまり援助交際)は、相手の年齢が18歳以上の時、違法ですが罰則なしということになっています。売春防止法では、売春そのものを禁止しています。つまり、援助交際は禁止されているのです。しかし罰則規定はありません。罰則がないということは、逮捕されることはなく事実上の黙認状態です。

相手の年齢が18歳未満の場合、児童買春になります。児童買春罪は、5年以下の懲役または300万円以下の罰金という量刑で、かなり重い罪です。「18歳未満とは知らなかった」という言い訳は通じませんので、とにかく18歳未満の女の子には手を出さないというのが身を守るためには大切です。