援助交際を規制する法律

援助交際に関する法律は、出会い系サイト規制法、児童売春・児童ポルノ禁止法、売春防止法、さらに青少年保護育成条例などがあります。もし、13歳以下の少女が相手であれば刑法にも抵触します。では、どういったケースが犯罪になるのでしょうか?

18歳未満との援交は犯罪です

援交は、相手の年齢が18歳未満(児童)か、18歳以上かでまったく違ってきます。

18歳未満の少年少女(児童)に対し、金銭などを与えて性行為(類似行為も含む)をすると、児童買春罪となります。これは、児童買春・児童ポルノ禁止法によって罰せられることになります。量刑は5年以下の懲役または300万円以下の罰金です。

18歳未満が相手の場合は、金銭などのやりとりがなくても、性行為をすると青少年保護育成条例違反になります。これは、長野県以外のすべての都道府県にある条例です。量刑は県によって違いますが、上限は懲役2年、罰金100万円です。18歳未満と知らなかった場合は大丈夫な場合もあります(これも県による)。

つまり、18歳未満が相手の場合、お金を払っての性行為は児童買春罪、お金を払わない性行為は青少年保護育成条例ということになるわけです。

付け加えると、相手が13歳未満の場合は強姦罪になります。これは同意があっても、お金のやり取りがあろうとなかろうと、強姦罪です。最長で20年の懲役となる、非常に重い罪です。

相手が18歳以上の場合、逮捕されることはありません

18歳以上同士が、お互いに同意を得て性行為をした場合、逮捕されたり処罰をされたりすることはありません。売春防止法によって、売春そのものを禁止しているのですが、罰則規定がないためです。

つまり、売春というものは、「違法ではあるが逮捕されない」という、あいまいな状態なのです。実際に、管理売春などを除けば、逮捕されたという例はないようです。つまり、事実上の黙認です。

しかし、売春防止法では「公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること」に罰則が設けられています。これには出会い系サイトなどの掲示板も含まれます。つまり、掲示板上で堂々と「援交しましょう」などと募集するのは、逮捕される可能性があるわけです。