サクラサイトとは?

サクラ行為というのは、例えばレストランがアルバイトを雇い、行列を作らせて人気があるような店に見せたりすることです。そしてサクラ行為をする人のことをサクラと呼びます。

出会い系サイト(援交サイト)では、サイトに雇われたアルバイト(多くの場合は男性)が、一般ユーザーの振りをしてユーザーとメールなどをやり取りします。問題は、サクラは「会うことができない」ということです。

基本的に女性ユーザーに対しては男性として接し、男性ユーザーに対しては女性ユーザーとして接します。サクラはユーザーにポイントを使わせるために、エッチな女性のふりをしたり、もう少しで会えそうな素振りを見せながら、ユーザーにポイントを消費させるのです。

サクラ行為そのものを取り締まる法律はありません。しかし、サイト内にほとんどサクラしかおらず、一般ユーザー同士のやり取りが困難な場合や、サクラがユーザーに送ったメールが「明らかなサクラ行為」だと認められた場合などは、詐欺罪に該当する可能性があります。

とはいえ、相手がサクラだと立証するのはとても困難。基本的にはサクラを自分で見分け、自衛するしか方法はないと思った方がいいでしょう。

一般的なサクラの特徴と手口

サクラの目的は、メールのやり取りを続け、ポイントを使わせること。そのためにできる限り相手をその気にさせ、メールのやり取りを長続きさせようとします。

主なサクラの特徴は以下の通りです。

サクラがいないとわかっているサイトを使おう

一番簡単な方法は、サクラがいないとわかっているサイトを使うことです。PCMAXハッピーメールワクワクメールの3サイトはサクラがいません(援デリなどの業者はいますからそこは注意)。サクラなのかどうなのか、あれこれ悩みながらメールを送るのは、ハッキリ言って時間も手間も無駄です。素直に上の3サイトを使うことをおすすめします。