ワンクリック詐欺とは?

悪質な出会い系サイト、援交サイトで非常に多いのがワンクリック詐欺です。

ワンクリック詐欺は、認証ボタンや「入口はこちら」といったリンク、さらにはログインボタンなどをクリックすると勝手に入会されたことになり、さらには利用期間や利用料金の請求画面が出てきます。

ワンクリック詐欺の手口

「18歳以上はこちら」や「入口はこちら」といったボタンや画像をクリックすると入会の意思もないのに
「ご入会ありがとうございます」
などといった文言が出て、さらには利用期間や利用料金などが表示されます。

さらには「 ご入会日 ○○年○○月○○日 より5日以内に下記の口座までお振込みください」といったと書かれています。

さらに、場合によってはアクセスしたPCのIPアドレスやプロバイダ情報、OSやブラウザなどの情報が表示され、
「支払い期限を過ぎても入金確認が出来ない場合、利用規約に基づきIPアドレス、アクセスログをご利用のプロバイダに提出し、お客様のプロバイダ契約情報からご自宅または勤務先へ請求させていただくことがございます。」「その際、当サイトの管理部より延滞料金として1日当たり3,000円を加算して請求させていただきます。」などという、脅しのようなことが書かれていることもあります。

クリックしただけで入会が完了してしまうのもおかしなことなのですが、それに加えて「ご自宅または勤務先へ請求」なんて絶対におかしいです。IPアドレスや利用プロバイダから、自宅や勤務先はわかりません。また、プロバイダがそのような悪質業者に個人情報を教えることなど絶対にありません。

ワンクリック詐欺の対処法

具体的な対処法は以下の通りです。

  1. 利用規約がない場合は無視
  2. 利用規約がある場合は読んで確認する
  3. 事業者は消費者に対し、申し込み内容を確認させる画面を用意する必要あり。確認画面がない場合、申し込みの無効を主張できる。
  4. 上記の2と3が用意されている場合、同意したうえでサービスを利用した場合は支払義務が発生する可能性あり。
  5. 悪質と思われるサイトなどには、氏名や電話番号などの個人情報は絶対に教えない

ということです。つまり、ワンクリック詐欺に対しては「無視」することが最善の対処法です。